通訳訓練記録~Advanced Grammar in Use編~20210227~

Advanced Grammar in Use (by Martin Hewings)という英文法書を買った。

英文法を勉強するため、というよりは、色々な例文を暗唱して適切な場面で出せるようにするためだが、自分の理解が足りていないところがあれば、これで把握することもできるのではないかと思っている。

問題の解答が付いていない学校用バージョンなどもあるが、私が買ったのは問題の解答と電子ブックとが付いているバージョンである。スマホアプリやWEBブラウザで問題を解いて自分の答えを保存できるところが魅力だ。隙間時間に勉強しているので、その場で全問終わらないときでも既に解いた分を保存できるのだ。問題をWEBブラウザで解くのはオンラインでテストを受けているような感じで意外と楽しく、この本を買って良かったと思っている。

Cambridgeと表紙に書いてあるのを見た時点で確認しておくべきだったが、電子ブック版で例文の音声を聴いてやっと気づいたのは、この文法書がイギリス英語用だったということ。日本の通訳学校や現場ではアメリカ英語に触れることが多そうなので、どちらかを勉強するならば、とりあえずアメリカ英語、と思っていたのにウッカリしていた・・・。が、まぁ、色々な英語に慣れておくことは必要なことなので、音声も活用していきたい。アメリカ英語に特化した文法書もあるので、アメリカ英語にこだわる方はAmerican Englishと書いてあるものを選んだ方が良いだろう・・・。

文法書の活用法

Advanced Grammar in Useでは、Unit毎に解説と問題が設けられているので、1日に取り組むのは1 unit程度にしている。

まず、例文を含む解説を全て音読し、電子ブックでそれらの例文の音声を1つずつ聴いて、暗唱する。あまり長い文は無いが、それでも覚えられないときもあるので、それぞれ暗唱できるまで繰り返す。暗唱が出来たら、口頭でその例文を和訳する。全ての例文について終了後、問題集を電子ブックで解く。

新たに覚えておきたいと思った単語や表現など

Claimという動詞の別の意味(20210304)

文法書Advanced Grammar in Useの14頁の例文にclaimという動詞が登場する。普段は「請求する」とか「主張する」という時に使われているのをよく目にするが、ここでは以下のように使われている。

The body of a climber who went missing in the Alps was finally found yesterday. Carl Sims had been climbing alone near the Harz Waterfall, which has claimed many lives in the past.

ここでhas claimed many livesというのは、「これまでに多くの命を奪ってきた」という意味のようだ。ここは、has taken many livesに置き換えられるということだろう。覚えておきたい。

Be taken illという表現の意味(20210305)

文法書Advanced Grammar in Useの15頁の問題文にbe taken illという表現がある。使ったことがなく知らなかったが「病気になる」という意味である。

これで、リテンションも和訳も練習ができるのでなかなか良い訓練になりそうだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください