今年のカブトムシの幼虫は2匹のみ

確か3年ぐらい前に夏休みの旅行で入手したカブトムシの成虫カップルが1代目とすると、今年の3代目の成虫カップルから誕生した4代目となる幼虫が2匹いることを昨日確認できました。秋ごろに確認したときには1匹しかいないと思っていたのですが、昨日の冬眠前のマット(土)交換でもう1匹いたことが判明。さすがに2匹だと飼育箱内の土が不足することもなかったようで大きく育っています。

過去には、幼虫が10匹以上誕生してしまってマットの量が足りなさすぎてミニチュアサイズの成虫になってしまったり(それはそれでかわいいのですがなんだかかわいそうですし)、オスが足りなくて夏の旅行でまた別のオスを入手したり、なんてこともありました。

幼虫が増えすぎると飼育も大変なので今年は成虫が土から出てきたのに気付いてからすぐにメスとオスとを隔離して数を減らすことに挑戦。隔離が早すぎて1匹になっちゃったかな、来年で途切れるのかな、と思いきや蓋を開けてみれば幼虫が2匹もいたので、まだまだ我が家のカブトムシ飼育生活は続きそうです。両方メスとか両方オスだったら来年はどうしようかな・・・というのは迷うところですが・・・。カブトムシの繁殖力って本当にすごいです・・・。

いまだに幼虫も成虫もまともに触れない私ですが、カブトムシ飼育も子どもがいなかったら自分にはあり得ない体験の1つですね(^^;)。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください