荒れないプチプラ口紅を求めて(その2)

「リップベビークレヨン」の「ムーディーピンク(登録商標)」は合格

別記事「荒れないプチプラ口紅を求めて(その1)」でも書いたように、ロート製薬の「リップベビークレヨン」の「ムーディーピンク」色なら、最有力容疑者である酸化スズが含まれていないため、使用しても唇が荒れないかもしれない、と思い、昨日立ち寄った薬局でこれを買い、早速試してみました。

結果は良好で唇の皮は剥けませんでした♪

色はもう少し濃いピンクの方が良いのですが、酸化スズを避けるとなるとあまり選択肢が無く・・・。

他社製品のリップも見てはいるのですがUVカット機能付きの物が多いので紫外線吸収剤が入っていたら嫌だなと思って避けています。紫外線吸収剤も私の場合、肌が荒れる原因になるみたいなので・・・。

「リップベビークレヨン」の「ムーディーピンク」の成分

今回荒れなかった「リップベビークレヨン」の「ムーディーピンク」の成分は以下の通り。下線付きのものは荒れる赤系リップ(別記事「荒れないプチプラ口紅を求めて(その1)」参照)にも含まれている成分です。

脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル)、ヤシ油脂肪酸エチルヘキシル、ポリエチレン、リンゴ酸ジイソステアリル、ポリブテン、トリイソステアリン、クエン酸トリイソステアリル、マイクロクリスタリンワックス、ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、コメヌカロウ(ライスブラウンワックス)、ペンチレングリコール、セイヨウハッカ油(ペパーミントオイル)、酸化チタン、青2、赤3、赤218、赤221

荒れる成分の容疑者は・・・

よって、荒れないリップ(今回のムーディピンクと別記事「荒れないプチプラ口紅を求めて(その1)」で紹介の荒れないピンク系リップ)に含まれず荒れる赤系リップに含まれる成分は以下の通り。

『トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、酸化スズ、シリカ、ホウケイ酸(Ca/Al)、赤104(1)』

というわけで、酸化スズは依然として一番怪しいのですが、酸化スズが無実な場合は、赤104(1)が最も怪しい容疑者となりそうです。

もう少し濃い色のリップの発売を待望

避けるべき成分も絞れてきている(?)気がするので、もう少し濃い色のリップで酸化スズと紫外線吸収剤が入っていないものが発売されたらぜひ試してみたいと思います。

関連記事「荒れないプチプラ口紅を求めて(その3)」も良かったらどうぞ♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください