匂いがほとんど気にならない洗濯洗剤~2社の微香タイプを比較した結果

最近の洗濯洗剤は強めの香料が入っているものが多いのか、ドラム型洗濯機の普及により柔軟剤を利用する人が多いのか、衣類に残った香料の匂いを漂わせている人に遭遇することが多い。苦手な匂いである。

そういわけで使うなら匂いが残らない洗濯洗剤が良いと思っている私がおすすめする洗濯洗剤は花王の「アタックZERO」である。

本当は環境のために液体の洗濯石鹸を使いたいのだが、石鹸カスが洗濯機のカビの原因になりがちだし、ウィルス除去も期待して、最近では合成界面活性剤入りの洗濯洗剤を仕方なく使うことにしている。

無香料のものがあれば良いのだが、石鹸タイプでないもので無香料のものがいまだに見つからず、唯一の「微香」タイプである花王の「アタックZERO」とP&Gの「アリエール」とを試してみたので、その結果を以下にまとめておく。

花王の「アタックZERO」

利点

微香と書いてあるだけあって、匂い残りは少ないと思う。ほのかに香料の匂いが漂うのが無くなればもっと買う人も増えるのではないかと思う。無香料の洗濯洗剤を出している大手メーカーがほぼないのだから。謳われているように、「アタックZERO」を使うと洗濯物も洗濯槽も臭いにくいと思う。

本当に片手で洗剤が投入できるワンハンドプッシュ式の容器もとても使いやすい。

別記事「パナソニックのドラム型洗濯乾燥機」でも書いたように、現在では自動洗剤投入機能を使用しているので、ワンハンドプッシュ式の容器は不要となり、この洗剤を洗濯機にたまに補充するだけで済んでおりさらに楽チンである。

良いのにもったいない点

私も最近まで勘違いしていたのだが、アタックZEROは店の棚で他の洗剤と並んでいると値段が高く見えてしまう。同じ容量でも3倍程度といったところか。それもそのはず。多くの洗剤が水30Lに対し30gぐらい必要なのに対しアタックZEROは同じ水30Lに対し10gしか必要がないのだ。それだけ洗浄成分濃度が高いということであり、洗濯機の自動洗剤投入機に洗剤を補充する頻度も1/3で済むということになる。ということは、買い足す頻度や手間も1/3ということになる!それなのにグラム単価が他の洗剤とほぼ変わらないということはむしろ安いとさえ言える。私が以前そうしていたように、アタックZEROは高価だ、と勘違いしている人がいるのではないかと心配なので、アタックZEROは使用量が少なくて済み、洗剤補充の頻度も減らせることをもっと強調した方が良いのではないかと思う。私がテレビを見ないからCM等を知らないだけで、実はアピールされているのかもしれないが?!

P&Gの「アリエール バイオサイエンスジェル 微香タイプ」

花王の「アタックZERO」と比べて劣る点

花王の「アタックZERO」よりも匂いが強めで残りやすい気がする。洗濯槽にも匂いが残っているように思う。いかにも洗濯洗剤の匂いという類の匂いが自分には合わないだけなのかもしれない。ほのかに匂うぐらいが良い、という人には良いかもしれない。

また、上記の通り、アタックZEROと比べると1回に必要な洗剤量が多いので、意外と頻繁に洗剤を補充しなければならない。

余談:「アリエール バイオサイエンス ジェルボール 微香」というジェルボールタイプもあるが

上記の通りアタックZEROよりアリエールの方が安いし・・・と勘違いして(実際には価格はほぼ同じであるが)アリエールを使っていた頃に、洗濯機の自動洗剤投入機に洗剤を補充するのさえ面倒になったことがあり、ジェルボールタイプの「アリエール バイオサイエンス ジェルボール 微香」も買ってみたことがある。ジェルボールタイプのものを使ったことがなかったので試してみたかったのもあった。

ジェルボールは液体(ジェル)のものと比べるとさらに匂いが残りやすいように思う。

P&Gのホームページによると、ジェルボールの洗剤自体の成分は液体のものとほぼ同じだが、香料の詳細を比べてみたところ、「アリエール バイオサイエンス ジェルボール 微香」には20種類の香料が配合されており、13種類の「アリエール バイオサイエンス ジェル 微香タイプ」と比べると多い。種類が多いから匂いが強いとは限らないが何故違うのか気になる。

また、検索したところ、中に入っている高濃度洗剤を覆っている、ぷにぷにした外側のフィルムはポリビニルアルコールという水溶性のプラスチックらしい。目薬や化粧品にも使われるぐらい安全性も高く生分解性プラスチックにも分類されるようだが、洗濯物にこのフィルム成分に取り込まれた他の成分も残りやすくなりそうだな~と考えたら、これを長期間にわたり使う気にはなれないと思った。小さいお子さんがいる家庭では誤飲しないように十分注意が必要だし、使うにはなかなか勇気がいる商品だと思う。

ジェルボールだと匂いが残りやすいのは上記の香料成分の差異のみならず、比較的粘性が高そうなプラスチックに混ざり込んだ香料が衣類に残りやすくなってしまうことに原因があるのかもしれない。

最後に

以上より、はじめに書いたように、無香料の洗濯洗剤が発売されない限り、我が家ではアタックZEROを使い続けることになりそうだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください