フリーランスの在宅ワークのメリットとデメリット

少子化などによる人手不足で様々な働き方が認められるようになり、在宅ワークをする人が増えています。在宅ワークを選ぶべきかを検討する際、そのメリットとデメリットを知ることは大切です。人によってそれらは異なりますが、私(デスクワーク中心のフリーランス翻訳者)が考えるメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

(1)満員列車に乗らなくて良い

これは私にとっての在宅ワークの最大のメリットであると考えます。日本(首都圏?)の満員列車の異常な世界が大の苦手です。列車の混雑度が増すに従って、自己防衛のため他人から心を閉ざし他人への配慮がゼロになる人が多くなると思います。例えば、他人を押したり他人にもたれかかったりする人、ぶつかっても謝らない人、人ごみで人をよけずに平気でぶつかってくる人、などなど。人口密度が高くなると人はイライラし、他人を思いやる余裕がなくなるのでしょうね・・・。満員列車では妊婦や身体の弱い方は特に身の危険を感じることも多いのではないでしょうか。満員列車に乗っていた頃、自分の性格が確実に悪くなるように感じたことも嫌でした。学生時代は遠距離通学で満員列車に一番耐えた時代ですが、会社や事務所に勤めていたときは、職場から近い所へ引っ越したり、自転車通勤にしたり、フレックスタイム制度をバリバリ利用したりしていました。それでも混雑した電車に乗らざるを得ないこともあり、それがとても苦痛でした。特に最近は歩きスマホとかスマホの画面にくぎ付けで周囲に気を払わない人も増えて小競り合いもさらに多くなっていると聞きます。フリーランスとなった今は、もう絶対に満員列車での通勤は無理です・・・。

(2)通勤時間分を稼げる

通勤にかかる時間がそのまま自分の時間になるのは大きいです。その分を働く時間に直接使っているかというとそうでもないのですが(^^;)。私の場合、その分、心にゆとりができる、というところでしょうか。

(3)人との接触が減るため感染症にかかりにくい

風邪をあまりひかなくなりますね。ついでに「花粉症には「にがり」が効く?」でも書いたように花粉症の症状も出にくくなります。

(4)好きなときにトイレに行ける

便秘になりやすい体質なので、いつでも人目を気にせずトイレに行けるのは有り難いです。逆の体質の方へのメリットも大きいでしょう・・・。

(5)災害時に子どもを迎えに行きやすい

東日本大震災のとき、都内でも電車が止まり、職場から保育園まで迎えに行けなかった保護者もいたと思います。親族・親戚・知人にお迎えを頼めない場合、災害時に子どもと離ればなれになってしまわないための対策は重要となります。

(6)平日だと空いている病院や子どもの学校の行事などに行きやすい

そうは言っても休むとフリーランスの場合、その間の収入はゼロ。勇気がいる行動ではあります。

(7)勤務時間帯も勤務時間数も休暇日数も自分で選べる(フリーランスの場合)

これは自己管理ができない人にとってはデメリットとなるでしょう。私もついつい無駄に時間を過ごしてしまうことがあります。子供を保育園や学童クラブなどに預けて働いている場合などは、その分、ちゃんと真面目に頑張らなくちゃいけないな、とか、メリハリをつけて休む時はちゃんと休もう、と思えるので、ちょうど良いのかもしれません。

デメリット

(1)運動不足になる

出張が多くない在宅ワーカーの場合、その業務の大半はデスクワークであると思います。『座りっぱなしでいると「健康寿命が7年短くなる可能性がある」』という恐ろしい記事でも述べられているように、動かないでいるというのは健康上、大きなリスクを伴います。何らかの対策が必要です。椅子に座りっぱなしだと腰痛が出るのでバランスボールに座って仕事をしようとしたこともありましたが、それでも結局動かないことには変わりないので、最近では立って仕事をしています(いや、これでも動かないのだけれど・・・)。腰痛への効果はこれで十分でした。上記記事からも示唆されるように、たっぷりの運動をたまにするよりは、少しの運動をこまめにするほうが健康維持のためには良いそうです。納期が迫ってきているときなどは難しいときもありますが、私は1時間ごとに肩甲骨体操と脚の運動を数分だけでもするようにしています。ちなみに、立って仕事をしていると、結構脚が疲れるので必然的に休憩を入れたくなるところや、動線的に休憩に入りやすいところもおすすめです。

(2)家にこもっていると人としゃべらないので話下手になり話すことによるストレス発散ができなくなる

在宅ワーカーでも業務にテレビ会議や電話でのやりとりや来客対応が含まれる人はそうではないと思いますが、翻訳者は基本的に一人でもくもくと作業をしているので、仕事中は人と会話することがありません。もともとあまりおしゃべりではない私でも、さすがにこれは精神衛生上良くないな、と思うことがあります。定期的に人と会う予定を入れたり、気分転換に少なくとも2日に1回は昼食を外で食べて買い出しもしたり、するなどして強制的にストレス軽減するように心がけています。これも納期との戦いなので、なかなか維持が大変です。ちなみに、たまに人としゃべるとすぐに声が枯れる(喉が鍛えられていない?!)のも在宅ワーカーの特徴です・・・よね??

(3)自営業で在宅勤務だと市区町村によっては保育園や学童クラブに入るときの算出指数が低くなる(フリーランスの場合)

そうではない市区町村もあるので、住む場所を選べるのであれば、引っ越すという手もあります。

(4)平日の昼間に外出していると遊んでいると誤解されるので堂々と外出し辛い(気が弱い人だけ?)

自営業って、仕事と私生活との境界があいまいであり(全ての体験や人脈がビジネスの種になり得る)、心と体の健康維持も仕事のうち、とも言えるので、本来は堂々と自己啓発や「精神安定化のための活動」に取り組むべきなのでしょうが、どうも後ろめたく感じたりすることもあります。ちゃんとやることをやっていれば後ろめたくないはずなので、仕事も仕事以外のことも充実させるように頑張らなくては、と思います。

(5)好きなときに休めるはずが、ついつい働きすぎてしまう(フリーランスの場合)

貧乏性の私の場合、この案件を断ると次は来ないかも、などと思い、ついつい仕事を断れずに働きすぎて、休みを効率よく取ることが難しいです。

(6)有給休暇がない(フリーランスの場合)

フリーランスになってなかなかまとまった休みを取れていないことに気づいて実感したことですが、休んで仕事をしていないのにその分の給料が支払われる有給休暇って本当にすご~く有り難いものです。出産や育児や介護にかかわる身になったときには有り難く活用させていただきましたが、ほとんど捨てていたあの大量の有給休暇の何ともったいないことか!会社員の方はぜひぜひもっと有給休暇を堪能してほしいと思います。

まとめ

フリーランスの在宅ワークのデメリット、というか、会社勤めのメリットは結構多いのですが、それでも私がもう会社勤めには戻れない、その最大の理由はやはり、メリットの(1)ですね。確定申告や社会保険や定期的健康診断や福利厚生の有無などについては、まぁ会社勤めの方がメリットは多いのでしょうが、年金がどれだけもらえるかわからず、将来の備えは誰でも必要な時代であることを考えると(金額上の差は大きいかもしれませんが)大した問題ではないと思っています。フリーランスであっても安心して暮らしていけるように工夫をしていけば、自由で幸せに生きられる気がしています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください