フリーランスの節税対策例

独立してすぐ主に節税対策として(a)国民年金基金に加入しました。でも、それだけでは節税効果が不十分と思われたため、今ではさらに(b)確定拠出年金と(c)小規模企業共済も利用しています。

現在の生活に使っていないお金から税金を徴収されるよりは将来のために残した方が良さそうですし、金利があまりにも低すぎるので長期間貯金可能なお金があるなら少しでも節税対策に回した方がずっとお金が貯まる・・・という風に考えています。いずれも今お金を使いたい人には意味がないわけですが。

(a)国民年金基金も(b)確定拠出年金も月々の掛金額の上限は68,000円であり、(a)および(b)の両者に加入している場合は、両者の掛金額の合計を68,000円以下にする必要があります。(c)小規模企業共済の月々の掛金額の上限は7万円ですから、(a)および/または(b)と(c)との合計で最大81.6万円+84万円=165.6万円の全額が所得控除されます。その節税効果はかなりのものです。

小規模企業共済は、20年入らないと意味がない、と開業前後からなんとなく思い込んでいた私は数年にわたり加入をためらっていたのですが、高齢になっても働き続けなくてはならなさそうなことがわかってきたため(少なくともあと20年は働くだろうと思ったため)、思い切って加入しました。実際には加入年数についてはあまり気にしなくていいことがわかりましたけれど。詳細はこちらに記載されています。

なお、私は確定拠出年金には手数料が割安と言われているSBI証券を利用していますが、今ではさらに取扱機関の選択肢が増えているのではないかと思います。

銀行に眠っているお金がある方はぜひ検討してみてください(^^)。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください