敏感肌の私でも大丈夫なカラーリング/白髪染め

私が髪を染める理由はお洒落のためという素敵なものではなく白髪を隠すためだけにある。自然な装いが一番、と思ってはいるものの白髪まじりの髪でいるほどの自信はまだない。

若い頃は毒性のありそうな普通のヘアカラーを何度か試したこともあったが、敏感肌ということもあり、比較的安全そうなヘアマニキュア利用に移行し、次第に天然成分主体のヘアカラーのみを利用するようになってきている。

(ヘアマニキュアは体内にカラーが浸透しにくく健康には一番良いのかもしれないが、色が落ちにくく頭皮付着を避けないといけないため根元までしっかり染めることが難しいという事実に気づいてからは敬遠している。)

最近では美容室でのカラーならヘナカラーのみ。新型コロナウィルスの流行により美容室には行けていない今では自宅での和漢カラーかナチュラルヘアートリートメントでの白髪染めのみを利用している。いずれもそれ単独では髪の色を明るくすることはできないカラーリングであるが、白髪染めには十分である。

なお、以下で紹介するカラーを使って自分でカラーリングをする場合、浴室の床に色素が残りやすいため、気になる場合は床の漂白処理などが必要になるだろう。また、いずれのカラーも水溶性があり髪が濡れると色落ちする性質があるため、濡れた髪で白っぽい衣類が汚れたり、洗髪後に使うバスタオルに色が付くことも覚悟の上で行う必要がある。この色移りは美容室でしてもらっても自分で行っても同じく起こることである。

一番のおすすめはヘナカラー

私が一番おすすめするヘアカラーはヘナカラーである。

ヘナは、ミソハギ科の植物でインドでは古くから薬草として親しまれている。一般的にはヘナの葉の粉末100%のものでなくても、これを配合したヘアカラーも「ヘナ」とか「ヘナカラー」と呼ばれているらしい。

ヘナカラーにお湯を足しペースト状にしたものを髪に塗布すると、ヘナの色素が髪のキューティクルのすき間から浸透し、ケラチン(タンパク質)に絡みつくことで髪が染まるとのこと。

ヘナの葉の粉末のみを配合のものだと白髪はオレンジ色にしか染まらないが、別の色素を含む原料を加えることで濃い色に染まるようにすることもできる。この原料が天然のインディゴ(藍)などであれば良いが、化学色素(ジアミン系染料、塩基性染料、タール色素など)が使われている場合もあるので敏感肌の方は特に要注意。

以前安いことを理由にヘナカラー専門店でヘナカラーをしてもらったら、化学色素の入ったヘナカラーを使われてしまい、しかもカラーのペーストがやたら水っぽかったので、染料をケチっているのかな、と思って幻滅したことがある。当然、染まりも悪くそこには二度と行っていない。個人的には美容室でのヘナカラーならヘナカラー単独でも少なくとも6000円程度はかかると思っていた方が良いと思う。

敏感肌の方が美容室でヘナカラーを試す場合は、天然成分のみを用いたヘナカラーを使っているかや、パッチテストをしてくれるか、などを念のため確認してから予約した方が良いだろう。

ヘナの魅力は根元まできれいに染まり易く、色持ちも比較的良く、トリートメント効果もあることだと思っている。実際に私もヘナカラーをしてもらった後は、髪がツヤツヤになり天使の輪っかができるぐらいである。

唯一の欠点は、独特のにおいがあること。施術中も自分の周囲にヘナのにおいが漂っているのがわかるし、ヘナカラーをした後は数日ほんのりヘナのにおいを自分で感知することができる。そのにおいは私は「ヨモギの匂い」と思っていて、そんなに気にならないものなのだが、人によっては気になる「臭い」となるかもしれない。

染まりが良い、ということは、自宅の浴室の床などに色がより残りやすいということでもあり、私は自宅ではヘナカラーをまだ試したことがない。パルシステムで注文できるヘナカラーも評判が良いらしいが、ネット通販でもヘナカラーは買えるので、自宅で試してみることも可能だ。

和漢カラー

和漢カラーは小麦粉とコーンスターチとハーブ(ヘナ以外)とを使ったカラーだが、過ホウ酸ナトリウムとジアミンとが少量含まれている。通常のカラーほどの害は無さそうだが、やはり使用前のパッチテストは必須と思われる。

最初は美容室ですすめられて試した和漢カラー。その効果はヘナカラーに近いが、美容室で施術してもらうと結構高価なので、通販でカラーを買って自分でできないか調べたところ買えることがわかり、注文したことがある。今使っているのもその残りである。

においもヘナのような薬草っぽいにおいがあまりせず、どちらかというと化学薬品っぽい臭いが少しする程度である。

弱点を挙げるとすれば、小麦粉を使っているためダニアレルギーの人は、購入した粉末を冷蔵庫に保管する必要があるかもしれないことである。小麦粉はダニの大好物であるため一度開封したものを室温で長期保存するのは危険な気がする。(とかいいつつ何年も前に買ったものを常温保存のまま使っている私・・・。)

カラートリートメント

家で手軽にできる白髪染めといえば、やはり(?)レフィーネの「ナチュラルカラートリートメント」だろう。

私は友人が使っているのを知って良さそうだなと思って始めた。最初は使い方が下手であまり染まらず続かなかったが、最近ではコツがわかってきたので、結構良いと思っている。

染まり具合はヘナカラーや和漢カラーには劣る気がするが、その分気軽に手で触れるところや、匂いも比較的良いところが気に入っている。

レフィーネには「ヘッドスパトリートメントカラー」というヘッドスパ気分が味わえる商品もあるが、こちらは以前試したときのにおいがあまり好きではなく、今では使っていない。口コミを見ると改良を重ねているようなので、もしかしたらにおいも染まり具合も今では良くなっている可能性がある。

さらにレフィーネには「リタッチカバー」というピンポイントで使える携帯可能なタイプのものもあるので最近買ってみたのだが、こちらはまだ試したことがない。これは洗髪の際とかではなく、外出前などに気になる部分に塗って乾かしてそのまま外出ができる、というような使い方をするためのものらしい。私は根元がうまく染まらなかったときにこれでちょこっと染めるのに使えるかなと思って買ってみた次第である。試してみたらまた本記事を更新する予定だ。

天然成分主体のヘアカラーでの毛染めを成功させるコツ

ここでは肌に優しめのカラーリングを紹介しているが、普通のカラーと比べると、染まり具合が弱い点は否めない。それでも上手に染めるコツは以下の二点にあると思っている。

1)必ず髪を濡らす前の乾いた髪にカラーをけちらずたっぷり塗る。
2)時間もけちらずたっぷり待つ。

1)については、例えばヘナカラーや和漢カラーなら、粉末を溶くためのお湯はなるべく少なくして、できるだけ濃いめのペーストを作ることに成功の鍵があるように思う。お湯が少なすぎると伸びが悪く塗りにくいため、最低限の伸びが確保できる量というのを見極める必要がある。パッケージに書いてある量よりは少なくした方が素人は成功しやすいと思う。そして、ペーストやトリートメントを髪に塗るときは、髪の毛が見えなくなるぐらいにたっぷりと塗りたくることが大切である。特に根元の固く短く元気な白髪を染めるためには、指を使って白髪の全面をつまむようにしてペーストをつけて、さらに上から白髪を生き埋めにする勢いで塗りつけるのだ。乾いた髪に塗る理由は、濡れているとせっかくの濃いペーストが髪表面の水分で薄まり色素の濃度が激減してしまうと考えられるからである。塗布には、できればカラー用のくしとブラシを使うことをおすすめする。私は下のリンク先にあるようなブラシとくしが合体したものを使っている。まずは、くしを使って髪の根元からペーストをたっぷり広げたら、仕上げにブラシでペーストを上からべっとり被せる感じで。

2)待ち時間は作業を開始してから計測するのではなく、全てを塗り終わってから計測し始めて最低でも30分は待った方がよい。できればシャワーキャップもお忘れなく!

まとめ

自宅でのヘアカラーは手間も時間もかかるため、美容室で施術してもらった方がお得とも言えるが、新型コロナウィルス禍では仕方がない。本記事をきっかけに自宅でのヘアカラーを少しでも楽しんでいただければ幸いである。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください