時短朝食に手作り(?)ミューズリー(砂糖控え目シリアルミックス)

我が家の平日の朝食(時短)

平日の朝食は短時間で準備できるように、毎日ほぼ同じです。

タンパク質の半分は毎日「ピリ辛卵&チーズ(今、勝手に命名)」にし、残りの半分は子供が飽きないようにソーセージとか弁当用冷凍食品をローテーションで日替わりにしています。この冷凍食品は鶏肉を材料にしたものが多いです。

野菜はトマトときゅうりのいずれか又は両方にして、野菜が少ないときはバナナを追加。果物が安く豊富に入手できる秋は果物を野菜がわりにしちゃうことも。

カルシウム補給にはプレーンヨーグルト。子供のヨーグルトには別記事「おすすめのパルシステム商品~乾物&調味料編」でも紹介しているパルシステムの花見糖をかけ、自分のには、別記事「花粉症について(在宅ワークのメリットとにがりの意外な効果)」でも書いたように、にがりを混ぜてから、蜂蜜と「マイミューズリー」をかけています。子供の炭水化物はパンですね。

たまにシリアルいいな~と言われてしまうので(私はパンのほうがうらやましいですが)子供(&夫)用に市販のグラノーラも常駐させています。市販のグラノーラだけだと甘すぎるので市販のグラノーラを食べさせるときはワタクシ用の下記コーンフレークまたはオリジナルシリアルミックスで増量しています。

ピリ辛卵&チーズの作り方

上記の「ピリ辛卵&チーズ」は、深めの小さい耐熱容器に卵1個を割り入れて、ピザ用のチーズを入れてよく混ぜて(ないときはスライスチーズを切ってのせて)、粒黒胡椒を削りかけて、軽くラップをして、600Wの電子レンジで1分20秒加熱するだけですが、子供が気に入ってくれているので、定番化しました。卵はある程度混ぜて溶かないと爆発するので注意。時間をかけすぎても爆発するので注意。爆発が怖かったらキッチン用ペーパータオルで器の底まで包み込むようにして置けば大丈夫です。

QBBのブラックペッパーチーズ

最初はQBBの「ブラックペッパー」味のベビーチーズを卵に混ぜて「ピリ辛卵&チーズ」を作っていたら、その胡椒の効き具合に子供がはまってしまったのですが、今ではこのベビーチーズは単独で食べたいおいしいのだそうで、他のチーズが家にないときだけ「ピリ辛卵&チーズ」に使うようになりました。

ベビーチーズは類似品が他社からも出ていますが、QBBのものがだんとつにおいしくて余計な添加物も少なめでおすすめです。なお、味の種類によって添加物が異なるのが興味深いですね・・・。まあ、これらの味についてはシンプル・イズ・ベスト、という感じですね。

朝食のタンパク質が少ないかな、というときには、このQBBのブラックペッパーチーズを付け足したりしています。

マイミューズリー(オリジナルシリアルミックス)

以前はヨーロッパなどから輸入されている砂糖無添加の繊維たっぷりミューズリー(最近はスーパーでも売っている)を買っていましたが、レーズンの量が多すぎたり鮮度がいまいちだったり(湿気ていたり)するときがあるので、今では自分で作る(混ぜる)ことにしています。

「マイミューズリー」は上の写真の3種類のシリアルをこのような大きめな容器に目分量で体積比1:1:1となるように入れてシャカシャカ振って出来上がり。容器の上に少しだけ余裕を残しておいてあげると混ざりやすいです・・・。

コーンフレークはスーパーで調達。プレーン味ならどこのものでもOKにしていますが、オートミールとオールブランは記事上の写真の無添加のものが定番化。

ちなみに日本のコーンフレークはプレーン味とはいっても砂糖が添加されています。砂糖が全く添加されていないコーンフレークも輸入食品店にはありますがスーパーでは売っていないのでまぁ「プレーン味」でよしとしています。食べても「甘い」と思う人はあまりいないと思われる味ですのでプレーン味ということになっているのでしょう。「ケロッグ 玄米フレーク 220g」の方がコーンフレークより安いスーパーもあるので、こちらをコーンフレークの代わりに買うこともあります。プレーン味のコーンフレーク同様「甘い」という感じはしません。

オールブランとオートミールも、ほぼどこのスーパーでもシリアル売場で買えます。オールブランの代替品としては「日清シスコ 1日分の食物繊維ブランシリアル 180g」もおすすめです。繊維たっぷりで最強です。

「オールブラン」と袋に書いてあっても砂糖が添加されているバージョンも色々ありますが、この「オリジナル」版だけが、鉄分と食物繊維が驚異的に多く私にとっては嬉しいです(って、今原材料表示を確認してみたら砂糖が添加されているではないですか!いつの間にか100%「小麦ふすま」ではなくなっていたんですね。あまりのまずさに(私にとってはまずくはないのですが)添加せざるを得なくなったんでしょうか・・・。今でもほとんど甘くはないですが。)。

妊婦のときに貧血になり鉄分補給のために朝食に積極的に取り入れ始めたオールブランですが、一般的にはまずいのに長年売られていたのは、それなりに進化していたからなんですね・・・。私にとっては「まずい」ままで良かったんですけれど・・・。

この「マイミューズリー」にナッツやドライフルーツを混ぜ入れたら素敵なマイミューズリーになるのですが室温で保存しにくくなり補充が面倒になってしまうので我慢。蜂蜜とヨーグルトで十分食べられます。バナナや黄な粉を追加して少し豪華にすることもありますが。

パンが食べたいなぁと思うこともありますが、このマイミューズリーにしないと便秘になってしまうのでやめられません。週末だけは家族と同じようにパンを食べています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください