フレッシュネスバーガーでベジタブルスープを注文しておばちゃん化を感じる瞬間

先日、買い出し&ランチのために遠出をしたはいいけれど、入りたい店が見つからず、結局ショッピングモールのフードコートでフレッシュネスバーガーを利用。「フレッシュネスバーガー」と「ベジタブルスープ」と「ブレンドコーヒー」をいただいた。

注文カウンターで「フレッシュネスバーガーと野菜スープと・・・」と伝えた途端、アルバイトの学生(たぶん女子高校生なので、以下JK)が「えっ?!」という表情をしたように思った。「あれ?野菜スープって(そこのスタンド型メニューで見たばかりの)メニューにありませんでしたっけ?」と聞いたら JKが 「あ、ベジタブルスープ・・・」と言いながらカウンター上に置いてあるメニューのベジタブルスープを指さしてくれた。 「職業柄、勝手に脳内でベジタブルを野菜に和訳しちゃったわよ~ 。」とは言わずに「あ、じゃぁ、ベジタブルスープとブレンドコーヒーも。」と言って注文を済ませた。自分におばちゃん化を感じた次第である。

メニューの写真を良く見ないで頼んだベジタブルスープは予想に反して具だくさんのとろみのあるコンソメスープという感じで野菜がたっぷり入っていた。

フレッシュネスバーガーのHPのメニューによれば 「1日に必要な野菜の3分の1が摂れる具沢山のスープにリニューアルしました。たまねぎ、キャベツ、にんじん、ズッキーニを素材の美味しさをぜひご堪能ください。」とのことである。ちょっと塩味が濃すぎるのが残念だが、野菜不足が気になる外食時にはとても有り難い 。注文のときに私がイメージしていた「野菜スープ」は、キャベツと玉ねぎが少しだけ浮かんでいるさらさらのオレンジ色のスープだったので非常に得した気分になれた。

フレッシュネスの4つのこだわり」という頁にも書いてあるようにフレッシュネスバーガーは肉や野菜などの材料の質にこだわっていて注文を受けてから作っているところにおいしさの秘密があるようだ。こんなおばちゃんにもお店のJKは冷たくなかったし、ぜひまた フレッシュネスバーガーを 利用してみたいと思っている。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください