清里高原に星空を見に(?)行ってきました

夫が息子に流星を見せてやりたい、ということで2018年10月の3連休に、星が良く見える、と言われる清里高原に1泊2日で行ってきました。今回はチェックインが18時~という格安プランでペンションを予約。9時半前に都内からレンタカーで出発して渋滞に巻き込まれつつも14時頃には清里に到着することができました。

小須田牧場

最初の目的地は小須田牧場です。ネットで検索したら、敷地内のレストランのバーベキューの評判が高く、ジンギスカンも食べられるとのことでしたし、夫が息子に乗馬もさせてやりたい、と言っていたのが理由です。

渋滞のせいでお昼には間に合わなかったので、まずは乗馬の体験だけすることにしました。スタッフに1対1で付き添ってもらいながら敷地内を1周させてもらえます。最初はあまり気乗りしていなかった息子も、馬に乗ってみたら楽しかったようで、激しく怖がることもなく体験してくれて嬉しかったです。晴れていて暑くも寒くもなく風も少しあって、良い景色の中、とても気持ち良く乗馬体験ができました。動物と触れ合うことって大きな癒し効果がありますね。

小須田牧場には随分たくさんの馬が飼われていましたが、元は馬車用の馬でとても力持ちだそうです。今は全て観光用に飼育されているとのことでした。私が乗った「ミルキー君」というお馬さんは飼われている馬の中でも非常にお利口さんで、馬小屋の鍵を自分で開けて脱走してしまったことがあったぐらいだそうです。

忙しいときは1日に1頭が10周とかをこなすらしい(こなすのはミルキー君だけかな?)ので、果たしてお馬さん達がそこで幸せに暮らせているのかどうかはわからなくて少し申し訳ない気持ちもあったのですが、スタッフは優しそうで人数も多そうでしたし、牧場内もきれいに管理されているように見えたので、そうであるといいなと願います。

清里の森でパークゴルフコース

もう夕方でしたが次に目指したのは、「清里の森」。林っぽい木々のある芝生のコースの自然な雰囲気の中でパークゴルフというものを楽しみました。上記リンク先のHPの説明は下記の通りです。

林の中に設けられた変化に富んだコースを木製のクラブと直径6cmのプラスチックのボールを使い、ゴルフと同じように18ホールを廻ってプレーする楽しいスポーツです。

木製のクラブの先は直径10cm強の楕円半球体という感じの形でボールに当たり易かったです(息子も私も本物のゴルフの経験はゼロで空振りが得意なんで・・・)。日陰もあるので真夏でも楽しめるかもしれません。景色も良くおすすめです。

ただ、夕方から行ったのでこの季節だと寒いぐらいでした。あまりに寒く暗くなってきたので、17ホールぐらいでプレー継続を断念。夕食に繰り出すことにしました。

清里の森は、下記の清里丘の公園と同様に、色々なレジャー施設があり、宿泊施設もあるようです。

晩御飯は伝ベエで天ぷら

小須田牧場のレストランに戻ってみたのですが残念ながらその日はBBQは中止とのことでした。メニューにはおいしそうなハンバーグなどが載っていたのですが、息子は探すのに時間がかかっても他の店の方が良い(ハンバーグには魅力がないらしい)、と言うので、割と近い所で複数見かけた蕎麦・うどん屋などを探すことにしました。

小須田牧場のすぐそばに「甲州ほうとう小作 清里高原店」というお店があって、昼間も駐車場がいっぱいでしたが、やはり夕方もいっぱい。人気店のようです。

次に見かけた「伝ベエ」という蕎麦・うどん屋に入ることにしました。駐車場は、がら空き(先客1家族のみ)で店内にはテーブル席と座敷の席がありました。

この時点でペンションに予告済みのチェックイン時刻の18時だったため、まずはペンションに電話で遅れる旨を連絡しておきました。

息子は天ぷらうどん、夫は蕎麦と天丼のセット、私は天ぷら定食を頼みましたが、天ぷらうどんの天ぷらって海老だけだよね、などと話しながら待っていたら、なんと、いずれの天ぷらにも海老、魚、野菜、しいたけ、などの天ぷらが含まれていて野菜摂取はあきらめていたのに嬉しい驚きでした。衣もさくさくしていて揚げたてでおいしかったです。

ペンション ユーリカ

今回、週末に台風がくるという天気予報が1週間ぐらい前から出ていたため、旅行は、台風は直撃しないという直前の天気予報を見てから決行したので(星空を清里に見に行くならこの週末、と決めてはいましたが)宿とレンタカーの予約は旅行の前日にしました。3連休にも関わらず良さげな宿が取れたのは、台風の予報のおかげだったかなと思います。

予約した宿はペンションユーリカ。口コミも良い内容のものばかりでリピーターも多そうだし、お値段も良心的。私たちが利用したのは「天窓付ロフト洋室」という屋根裏部屋のような小さな可愛いお部屋でしたが、ベッドが3台あり、ソファーもユニットバスも洋服をかける所もエアコンも天窓以外の窓もあり、設備的には十分でした。節約旅行のため素泊まりで予約したのですが、朝夕2食つきでも差額を考えると下手に外食するよりも食事付きの方が安く済みそうです。食事の評判もとても良さそうなので、次回は食事付きプランを予約したいと思います。完全禁煙で子連れ大歓迎でとても感じの良いペンションです。

上記の通り、今回の旅行の目当ては星空観察で、夫は流星を息子に見せてやりたかったそうなのですが、残念ながら夕食を終えてペンションに到着した後にちょうど空が曇り始めてしまい、ペンションから5分ほどの池まで見に行ったときには星は雲に隠れて少ししか見えませんでした。でもペンションに到着した直後に車から降りて空を見上げたとき、天の川が見えるぐらいの満点の星がきらめいていてと~ってもきれいでした。晴れていたら口コミ通り流星は見られただろうなと思います。

なお、夜の池までの道は本当に真っ暗で懐中電灯を使っていても3人で歩いていても怖くてとてもスリルがありましたっ。見えない鳥らしき動物がバサバサっと音をたてたり、いきなり車が通ったり・・・。肝試しが好きな方は夜の散歩も楽しめそうです(^^;)。

写真は宿泊した部屋の天窓から見る空の写真です。

ちなみに、息子に「ペンションって何?」って聞かれたので、洋風の民宿、と回答。民宿なら小豆島旅行1日目(カーフェリー&民宿マルセ&レストラン・アネモス)で書いたように小豆島旅行のときに体験済みなのでなんとなく理解できたはず(でもペンションの方が値段はピンからキリまであり、安いとは限らないみたいですね)?!

「最近民宿(に泊まること)が多いよね。」と息子。はい、最近節約中です。

でも小学生男児2人を子育て中だった友人は、旅行のたびにキャンプ場で寝ていたから「たまにはホテルのベッドで寝てみたい。」と言っていましたし、こんなに清潔なペンションなら十分贅沢なんだよぉ、と言いたいですね。

自分が子供のときは父の会社経由で安く泊まれるボロい宿とか公共の宿が当たり前だったんですから。

翌日は清里丘の公園でテニスとパターゴルフ

翌日はあいにく曇でしたが、「清里丘の公園」に行き、テニスとパターゴルフを楽しんできました。

テニスコートは10cm幅×数メートルぐらいの地割れが何箇所かある古いものでしたので本格的にテニスをやる方だと足をくじいてしまうんじゃないかと思うぐらいでおすすめできませんが、テニス未体験の息子にテニスっぽいことをさせてやりたかった我が家には十分でした。清里の森のテニスよりもコートの使用料金が格安なのもそのせいかもしれません。清里の森でも清里丘の公園でもラケットとボールを有料で借りることができます。

パターゴルフは本物のゴルフコースのように芝生が手入れされていて、かつ、景色も良く、とても良い雰囲気で楽しめました。清里の森同様におすすめです。ただし、日陰はないです。

他にも温泉、温水プール、ゴルフコース、グラウンドゴルフ、レストラン、キャンプ場、ドッグランなどがあり、1日中楽しめる場所だと思います。

残念ながらこの日は団体客への貸し切りのためレストランが利用できなかったのでランチには他を探すことにしました。

ランチは清里駅そばの磯善でお寿司

私はハンバーグでいいから小須田牧場のレストランに行ってみたかったのですが、ドライブの途中の清里駅のそばに寿司・和食屋さんがあり、(たぶん昨夜から寿司と書いてあるのぼりを目ざとく見つけていた→)息子に「ここがいい!」と言われてしまい、そこに決定となりました。

なんと店内にはお寿司のカウンターと板前さんが。(寿司が大好きな→)息子と(なんで山梨で寿司・・・と思いながらも→)私は握りずし(並)を、夫は蕎麦(冷)を頼みましたが、寿司は予想に反しおいしく、蕎麦もおいしかったようです。

帰りも大渋滞

帰りも3連休最終日とあって渋滞に巻き込まれましたが、5時間ぐらいかけて無事に帰宅。途中で隣のレーンに初心者マークと赤ちゃん乗せていますシールとを着けたミニワゴン車がいて、そのパパ運転手がスマホを片手にながら運転をしていて、おいおい、と思ってしまいましたが、本当にやめてほしいですね・・・。

かかった費用

せっかく宿代を節約したはずが、3連休直前のレンタカー予約で高めの車しか残っていなかったり、現地でのレジャーにお金をかけてしまったり、で全部で使ったお金は約73000円でした。都会(?)に住んでいても安くレジャーを楽しむには入念な下準備が必要なんだな&また旅行できるように頑張って働かねば、と改めて思いましたが、今回もお天気に恵まれ、とても楽しい旅行でした♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください