オーストラリアのおすすめ土産

オーストラリアは製造業がそこまでさかんではないためオーストラリア産の土産を探すのは結構難しい。土産屋さんに行ってもコアラやカンガルーのぬいぐるみやTシャツは山ほど売られているが、ほとんどが外国製でオーストラリア製のものは実は少ない。

それでもオーストラリア産の定番土産といえば今では日本のスーパーでも買えるほど有名になってしまったTimTamというチョコレートビスケットを思い付く人が多いだろう。激甘でありオーストラリアのお菓子という感じがするのに意外においしいし複数の人に職場等で配るのにも割と便利ではある。ただ、日本が夏だとTimTamは溶けてしまうおそれがあるし、個包装されていないので目上の人やあまり親しくない人には配りにくいかもしれない。

そこで本記事では季節を問わないおすすめのオーストラリア産の土産を紹介したい。なお、食品についてはいずれも日本でもネット通販で買えるので旅行前に試しておくこともできるので気になる方はぜひお試しいただければと思う。

おすすめオーストラリア産の土産~食品編

はちみつ

マヌカハニーといえばニュージーランドと思っていたが、シドニー旅行の際にスーパーでオーストラリア産のマヌカハニーが売られていることを知った。

「マヌカ」はニュージーランドの原住民であるマオリ族の言葉でギョリュウバイ属の一種の常緑低木(学名:Leptospermum Scoparium)のことを指し、マヌカハニーといえばその花から採れたはちみつのことを指すらしい。

オーストラリア産のマヌカハニーは同じギョウリュウバイ属のうちの複数種の木の花から採られたものであり、ニュージーランド特産の「マヌカハニー」を名乗る資格がない、という論争さえあるらしい。

よって、本記事ではオーストラリア産のマヌカハニーはオージーマヌカハニーと記すことにする。

オージーマヌカハニーはニュージーランドのマヌカハニーよりも安いもののtea treeからのはちみつの純度は低いものとなっているようだ。そのため、ニュージーランドのマヌカハニーとは異なる効能があるものと思われる。

他にもオーストラリアにしかない木の花から採取したはちみつは色々あるので、オーストラリアのお土産に、はちみつはとてもおすすめである。

なお、シドニー旅行の後、日本のスーパー(ライフ)でも私がシドニーのスーパーで買ってきたオージーマヌカハニー(下記リンク参照)が売られていることに気づいた。

ヌテラ

ヌテラはヘーゼルナッツ味のチョコクリームで日本のスーパーでも売られている。原材料は意外にシンプルで「砂糖、植物油脂、ヘーゼルナッツ、脱脂粉乳、ココアパウダー、乳化剤、香料」のみ。もともとヨーロッパで誕生した製品らしいが日本ではオーストラリア産のものが売られている。日本のスーパーでも比較的安価で買えるのだが本場のオーストラリアでラベルが英語版のヌテラを買うのも悪くないのではないか。かなり甘いが味も無難で実は息子の大好物でもある。トーストした超熟の8枚切りの食パンにヌテラを塗って食べる息子の顔は幸福そのものである。

マカデミアナッツ

ちょっと変わったものが好きな方には、殻付きのマカデミアナッツとその殻を割るための道具(ナッツクラッカー)のセットをおすすめしたい。

マカデミアナッツはハワイの土産と思っている方が多いと思うが実はオーストラリアが原産地である。Wikipediaによれば1882年に、ハワイのサトウキビ栽培用の防風林に使う木として導入されたのが、マカデミアナッツがハワイに渡った理由らしい。

私がおすすめしているのは下のリンクにあるようなセットなのだがリンク先の値段を見るともしかしたらオーストラリアで買うよりも日本で買った方が安い場合もあるかもしれない(^^;)。

このセットの魅力は、マカデミアナッツの殻がいかに固いかがわかること、そして、味のついていない生のナッツの味が堪能できること、である。

もちろん単にオーストラリア産のマカデミアナッツオイルや味付きマカデミアナッツやマカデミアナッツ入りクッキー(or日本かオーストラリアが夏でなければカマデミアナッツ入りチョコ)を買うのだってもちろんおすすめである。

その他

以下の写真の商品も私が今回のオーストラリア旅行で入手して実際に試したものばかりである。いずれも結構おいしかったのでスーパーで見かけたらお試しいただければと思う。

確か飛行機で配られた写真のクッキーは食べてしまってから写真撮影したのでクッキーが写っていなくて恐縮だがナチュラルな味でおいしかった。

おすすめオーストラリア産の土産~雑貨編

オーストラリア製であることを証明するAustralian Made, Australian Grown (AMAG)マーク(緑色の三角形の中に黄色いカンガルーがいるマーク)が付いている商品がスーパーや土産屋にも売られているので、そのマークが付いているものを選べば安心である。

どのような人気商品があるのかを事前に知りたい場合はhttps://www.australianmade.com.au/products/hot-aussie-products-2020/
を参照いただければと思う。オーストラリアの森林火災の影響を受けた地域の製品を買って応援したい方はこちら

関連記事:
夏休みの子連れ海外旅行にシドニー旅行はおすすめ
オーストラリア旅行の準備~現金/カード編
オーストラリア旅行の準備~保険・ビザ・通信手段・持ち物編
シドニー旅行のおすすめスポット

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください