水いぼを市販の塗り薬で治療できる?

プールの時期になるとお子さんの水いぼに悩まされる方がいらっしゃると思います。私もそうでした。

水いぼはプールの水を介しての感染はないそうですが、肌が直接患部に触れることで感染したり、プールで使うビート板を介して感染したりすることが多いそうです。

皮膚科での水いぼ治療

皮膚科に行って「水いぼ」と診断されると大抵は、水いぼをピンセットでつまみとる、という見ているだけでも辛く恐ろしい作業を複数回にわたる通院で繰り返してもらわなくてはなりません。しかも除去したと思っても取り残しがあったり別の場所に感染して水イボの数が増えていたり、で、終わりが見えないことが多いですよね。

この苦痛を伴う治療を嫌がる子どもを何度も説得して病院に連れていくのは本当に大変ですし、泣き叫んで痛がる本人を見守るのも正直辛い・・・。激痛を軽減するための麻酔テープも毎回前もって貼らなくてはならないですし、貼っても大した効果は無かったり。患部によっては、傷跡で悩むことにもなりそうですし。水いぼ治療のために皮膚科に通っていたときのことを思い出すだけで、ため息が出てしまいます。

水いぼは治療した方がいいの?

水いぼは免疫がつくまでの1~2年ぐらいで自然治癒するそうです。また、大人はみんな免疫があるので子どもからうつされることはないそうです。とはいえ、保育園によっては水いぼがある間はプールに入れてもらえなかったりするのも辛いですし、身体のあちこちに出来てしまうと、お友達にもうつしてしまう可能性が高くなるので早く治るものなら治ってほしいと思う方も多いのではないでしょうか。痒みが出ることもあるので、かきこわしてしまって感染がひろがったり別の皮膚トラブルに発展したりする恐れがあるのも自然治癒を待てない理由になるかもしれません。

救世主の紫雲膏

辛い水いぼ治療期間中、他の治療法はないか検索してみたところ、紫雲膏という漢方の軟膏が効いた、という情報を発見したので早速薬局まで走って買いに行きました。すぐに試したところ、これが我が子には見事に効いて、本当に助かったという経験があります。

値段も最小サイズなら1000円しないですし、皮膚科に費やす長~~~い時間を考えたら安い。いくら子供の医療費や薬代が自己負担ゼロでも「時は金なり」。この薬のおかげで免れた我が子の苦痛と倹約できた時間を考えると涙が出るぐらい感謝しています。当時の我が子風に言うと「この薬、マジ、神ってんじゃね~の?」です。

上記リンクのクラシエHPでは、「紫雲膏」についてこう説明されています。

『紫雲膏』は、江戸時代末期の名医・華岡青洲が創方した漢方の軟膏です。

もともと中国、明の時代に陳実功(チンジツコウ)が著した「外科正宋(ゲカセイソウ)」にある「潤肌膏(ジュンキコウ)」に豚脂を加えたものです。

紫根(シコン)、当帰(トウキ)、ゴマ油、ミツロウ、豚脂(トンシ)の5種類の生薬から構成されている油脂性軟膏剤で、傷口の部分を乾かさないように治します。皮膚の再生機能を促進して、患部をきれいに治します。

また、低刺激性の軟膏として広く用いられています。保存料やその他添加物は一切つかっていません。

水いぼへの紫雲膏の実際の使い方

うちでは、イソジン液体とイソジン軟膏(両者とも傷の消毒用)と紫雲膏との併用で治る、というネットでの記事を参考に、とにかく早く治したかったので、この3種を併用しました。下記の老人性イボへの驚異的な効果を考えると紫雲膏単独でも十分いけそうな気がしますし、実際にそれだけで治された方の体験談も見かけます。我が子の場合は数日で効果がわかるほどの変化が見られましたので、治ってきたらイソジン系を省略するなどして薬の種類を減らしたりもしました。

具体的には、入浴後に上記の順番で患部に多めに塗ってから新しい絆創膏を貼って寝て、翌日はそれを貼ったまま過ごして入浴前にはがす、を毎日繰り返します。いずれも綿棒を使って塗ると楽です。もちろん入浴の際に患部も普通に洗います。紫雲膏の量は、絆創膏からはみ出さない程度にたっぷり。

より具体的な使い方はこちらの通り。

(1)綿棒の一方側にまず液体のイソジンをたっぷり染み込ませて、患部にちょんちょんと塗ります。

(2)綿棒の反対側にイソジンの軟膏をつけて、患部にさらに塗ります。

(3)絆創膏の裏のガーゼの部分に、チューブの先から少し出した紫雲膏を押し付けることで紫雲膏を絆創膏に付着させたら、それをそのまま患部に貼り付けます。

このやり方だと自分も薬も患部に触れずに衛生的に処理ができて、綿棒も1回につき1本で済みます♪

あと、忘れちゃいけないのが、真っ赤(ピンク?)な色がにじみ出ている絆創膏を見て保育園などの先生がビックリしないように、連絡帳に事情を説明しておくこと。連絡帳に書いた上で、さらに朝の引き渡しのときに先生に説明したら、そんな便利な薬があるんですか、と先生がビックリされていました。

イソジンの方も単独でもそれなりに効果はあるようです(3種のうち、どれが一番効いているのかを実験的に調べる余裕はありませんでした・・・)。

それから、当時から数年たっているので、その間に、皮膚科でもイソジンや紫雲膏の効果を認めているところが増えてきてはいるようです。検索すると以前よりも情報が増えているように思います。ネットで個人の体験を共有してくださっている方々のおかげもありそうです。

皮膚科での切除がデフォルトではなくなる日も近いかもしれません。そして保育園の先生に絆創膏の色を見られてもビックリされなくなるかもしれません。

紫雲膏はなぜ知名度が低いのか

こんなにすごい薬があるのに、(1)なぜ皮膚科で処方してくれないのか、(2)なぜあまり普及していないのか、と不思議で仕方がない部分もあります。

(1)については保険適用外の薬ですし、皮膚科のお仕事が減ってしまうなどの事情があるのでしょう。ここは薬のメーカーさんに頑張ってもらいたいところです。

(2)については、(a)この薬の色と、(b)特有のにおい、による使い勝手の悪さに原因があるのではないかと思っています。

(a)については、どぎつい赤色で油分を含む軟膏なんで衣類や寝具に付着すると赤色の汚れが落ちにくそうではあります。うちでは絆創膏を上から貼り付けるという使い方をしていたので、軟膏が他のものに付着することはありませんでした。

(b)については、ハッキリ言って臭い(!)です。汗臭いというか動物臭がする、というか。でもまぁ成分由来のものなんだろうなと想像できますし、幼児の園生活や小学校低学年の学校生活で漂っている分には許される程度の臭いではないかと思います(^^;)。

それでもあのおそろしい水イボ治療が不要になった紫雲膏は我が家にとっては本当に救世主でした。肌が弱い方は要注意ですが、お子さんが水いぼと診断され、その治療のための通院で悩んでいる方は紫雲膏の使用について検討してみてはいかがでしょうか。

紫雲膏のその他の用途

友人いわく、火傷に使うと、火傷のあとが残らずきれいに治るとのことでしたし、効能は他にもいろいろあるので、あまっても用途はありそうです。

実際に、後日、老人性のイボも取れるという書き込みも見かけたため、自分の顔に出来て気になっていたイボ(立体的なシミ?)に半信半疑で使用したところ、このイボも確かに消えました。具体的には、就寝前にイボに塗ってガーゼなどを固定するためのテープ(肌に優しいタイプ)を上から貼り付け、朝にはテープを剥がすという使い方をしました。顔だったので、やはり臭いはしましたし、おそるおそるでしたけれど・・・。こちらのイボ自体は1週間もかからない程度で消えました。

こんなに素晴らしい美容効果もあるかもしれない薬をなぜ世間は放っておくのでしょう、とも思いますが、やはりあの臭いは強烈ですし、常用すればアレルギー症状を引き起こす可能性もゼロではないため、私も自分に無数にある老人性イボ全滅のためには使用する勇気がありません。肌が弱いのでテープや絆創膏でもかぶれてしまいますし・・・。

注意点

いずれにしても以上はあくまでも医師でも製薬会社でも薬剤師でもない個人の経験に基づく感想です。使用される際は、パッチテストなどでアレルギー反応が出ないかご確認の上、お試しいただくことが重要だと思います。

あと、水いぼでないものに上記の薬を使っても効くかどうかは全くわかりませんので、まずは皮膚科で水いぼであると診断してもらってから試すことが重要です。うちの場合、2回の切除治療を受けた後に薬を使い始めたので、水いぼが縮小され、かつ薬が患部に浸透しやすくなっていたため、薬で治りやすかった可能性があります。つまり、大きな水いぼは先に皮膚科で取ってもらって、その後、お子さんが治療に通うことを嫌がったら薬を試す、という流れにすると治癒しやすい可能性があると思います。最初から苦痛を伴う治療は避けたいという場合は、水いぼと診断されたらその場で薬の使用について皮膚科医に相談してみるのが良いかもしれません。そのときの反応で先生が水いぼについてどれだけ勉強をされているかもわかると思います。

どうか皆様のお子さまの水いぼの悩みが解決しますように☆

子どもの肌トラブル防止には保湿が重要です。こちらの記事「敏感肌におすすめのプチプラ保湿クリーム&ボディローション」も参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください